関岡木版画工房


関岡木版画工房は江戸から続く木版摺師日本橋石町松村の系統であり、初代『扇令』の関岡仙太郎により浅草小島町で創業されました。

その後二代目『扇令』である関岡功夫の代から現在の所在地である日暮里に拠点を移しました。


創業当時から現在に至るまで主に千社札の企画、製作に力を入れており、二代目扇令は研究家として千社札に関する本の監修や論考を多数発表しています。


また、江戸時代や明治時代など古い版木の摺、復元などのご相談も承っております。


浮世絵をはじめとした木版画伝統技術を継承しつつ、創作活動、ワークショップなどを通して多くの方に木版画の魅力を発信出来るよう新しい取り組みにも取り組んでいます。

 


・屋号  関岡木版画工房

 

・代表  小川 信人

 

・電話  03-3821-3405

 

・住所  116-0013

     東京都荒川区西日暮里

          3-11-8

 

・事業  木版千社札の企画制作 

     木版画の作品販売

     古版木の摺、復元

     教室ワークショップ他