現代版画


主に明治、大正頃に創作版画運動の対抗として伝統的な分業により制作された木版画を現代版画と言います。現代版画は江戸時代に流行した錦絵とは異なり、絵のタッチや色彩に西洋の要素を取り入れたものや、機械に負けじと職人が腕を磨き上げた事により繊細な図を高度な技術で表現しています。

その為完成度が高く木版画職人の間でも一目置かれています。

現在では新たに制作する浮世絵や、現代画家の方の作品を木版で制作する事を指して「現代版画」と呼ばれる事が主です。

 

関岡木版画工房でも日本画家、水彩画家、イラストレーターなどプロアマ問わず幅広い方々と協力し、新しい表現の木版画、新技法の開拓に挑んでいます。