浮世絵


江戸時代に誕生した当世の流行や風俗を描いた風俗画の事を総称して「浮世絵」と言います。

始めの頃は肉筆で描いていましたが、木版画が登場し発展していくと江戸庶民に広く受け入れられ、後に大流行しました。

描かれるテーマは多岐にわたりましたが、中でも「美人画」「風景画」「役者絵」は特に人気がありました。

葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川広重、東洲斎写楽、歌川国芳などが有名ですが他にも様々な絵師が活躍しました。

 

 

関岡木版画工房では現在も当時と同じ木版画のやり方で錦絵の復刻や、伝統技術の継承を行っております。